千花有黄(ちはなゆき)オフィシャルサイト

名前はリラ・・・

トップ > スケジュール > 【予告&前回の内容】つれづれ・・・散歩道 3/21は...

スケジュール

【予告&前回の内容】つれづれ・・・散歩道 3/21は...

10年03月14日

 [ラジオスケジュール] 

2月28日

梅が丘梅祭り編

3月7日

渋谷松涛レストラン編

3月14日千葉県勝浦市バス旅行編

3月21日

埼玉県川島町呉汁編


※上記内容は予定となっていますので、変更される場合がございます。



[3月14日の放送内容]

千葉県勝浦市バス旅行編

今日の散歩道は千葉県勝浦市方面へバス旅行に行ったお話です。
3年ほど前に「千花有黄ファンクラブ」が立ち上がり、皆さんのご支援で東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城と支部が発足しました。
そのファンクラブで初めてのバス旅行。それも一泊二日。埼玉支部が中心で有志20名ほどが参加してくれました。

昨年コンサートを行った桶川市民ホールから出発し大宮ソニックシティなど経由して、首都高速へ、ゆったりとサロン風の観光バス。ガイドさんつきです。普段見慣れた都心の景色も
観光バスの高い位置から見ると埼玉から参加したせいか、ベイブリッジなどお台場も新鮮に感じます。「海ほたる」で休憩し、富浦インターで降り、昼食は水産卸会社直営店でおすしの昼食でした。ところでこの日の出席者平均年齢は50代から60歳代、男女半々、うち夫婦は2組です。

さて、昼食を終えると勝浦市内を観光します。渋滞に巻き込まれてしまい、バスの中ではカラオケ大会が始まりました。夜の宴会があるのも忘れ皆さん元気に笑いに包まれて盛り上がります。

そうこうするうちに約三万坪の花絵巻が謳い文句の「花野辺の里」に到着。七福神めぐりをしながら、頂上を目指して歩いていきます。まだ肌寒い2月の下旬でしたので、菜の花にスイセン、白梅、これからが楽しみな季節の花々が植えられていて、素敵な散策路になっていました。頂上にはお休み所茶屋がありきれいな河津さくら並木です。
ソメイヨシノよりもピンク色がいくらか濃いですね。ここで記念撮影。




宿泊は勝浦ホテル三日月へ。大きなホテル、部屋からすぐ外は海で、砂浜がきれいです。
展望風呂にはこのホテルの名物盗まれたなんていう騒ぎがありました「一億五千万の黄金風呂」、入ってきました。ガラス張りの個室に金無垢お風呂、2羽の鶴の置物があります。
金のお風呂って何だか肌触りが柔らかい感触でした。後がつかえているので長湯ができなかったのが残念...。

さてお楽しみの宴会。浴衣に着替えて全員がお膳を並べてこの字型になります。
幹事さん、会長挨拶、自己紹介などあり、お料理が運ばれいよいよ宴会が始まります。途中では私の歌の指導コーナーも。

このあと皆さんのカラオケで盛り上がります。なかでも不況の憂さ晴らしをするように中小企業の社長がちょうちょになって踊りだしました。笑い転げる皆さん。

そしてこの後、感動的なことが!夫婦で参加されたご主人、今まで奥様が唄っている姿を一度も見たことがなかったそうな。それが初めて「青春時代」を女性3人で歌う明るい姿を見て、ご主人が感極まり、今まで苦労かけて悪かったねと抱き合うシーンが!思わずもらいなき...。




楽しかった旅も終わりに近づき、翌日は小湊の鯛の浦遊覧船に乗りました。甲板に出ると潮風がほほに当たり、まだ肌寒さをかんじます。
途中、船を止めて遊覧船名物、係員が海にえさを撒きます。するとたくさんの真鯛が集まってきました。元気に泳ぐ鯛の姿が海の中から見えてきます。

昼食には鯛の刺身に金目鯛の煮付けを食べました。そして海鮮市場で買い物をして「きんき」「金目鯛」干物を購入。そしてバスでは、しばらくDVDで「釣りバカ日誌」を流し、皆さんぐっすりとお昼寝。
最後に「あなたがいたから」を唄わせていただき、名残惜しいたびも終わりに近づきました。





いかがでしたか?今回の旅行会で1泊2日を皆さんと過ごしたという事は思い出になりました。
これからもファンクラブが中心になり楽しい企画を考えています。ご入会いただくと会員証やイベントの案内などが届きます。
是非「千花会」ファンクラブも宜しくお願いします。年会費2000円です。




◇リンク◇

花野辺の里-表紙
千葉県南房総勝浦ホテル三日月 オフィシャルサイト
鯛の浦遊覧船(南房総・鴨川小湊)|日蓮聖人誕生から今に続く

千花有黄ブログ「つれづれ...散歩道」: 2010.02.24

スケジュールの一覧ページへ戻る