千花有黄(ちはなゆき)オフィシャルサイト

名前はリラ・・・

トップ > スケジュール > ラジオ > 【予告&前回の内容】つれづれ・・・散歩道 6/5は...

スケジュール

【予告&前回の内容】つれづれ・・・散歩道 6/5は...

11年05月29日

 [ラジオスケジュール]  
5月22日大船編
5月29日さいたま市盆栽村編
6月5日八千代市京成バラ園編
6月12日六本木ヒルズプラネタリウム編

※上記内容は予定となっていますので、変更される場合がございます。



[5月29日の放送内容]

さいたま市盆栽村編
 
以前、さいたま市の盆栽村で盆栽つくりの一日体験をしたことがあります。かえでを鉢植して右に流れるように葉っぱを剪定し、30cmほどのかわいい盆栽になりました。

あれから3年近く経ち、今年も気づいたらすくすく育ってきたんで、やっぱり右に流れるように反対側の葉っぱを剪定しようと思っていました。

ちょうど連休で「盆栽まつり」があると知り出かけてきました。



大宮公園駅から歩いて数分。閑静な高級住宅街です。なんでも盆栽村に家を構えるには条件があって、生垣があり、平屋、門戸は開け放ち、盆栽は10鉢以上たてまえる事。なので盆栽村は緑が多くて空気もきれい。

「柳通り」「かえで通り」「けやき通り」と街路樹の樹に合わせた通りがあり両サイドにはずらーっと、盆栽園のブースが続いています。

小さな手の込んだ黒松や山紅葉、五葉松といった盆栽がずらりとならんでいます。幹が太くて木肌が年輪を感じさせそれでいてミニチュアのようでよくできているのです。

値段もうん万円と、値打ちがあるんだなと眺めていました。お店の人に色々聞いてみると盆栽は大きくしないから手入れが大変なんだといっていました。確かに私の持っているかえでの盆栽はちょっと大きすぎるかもです。



そして漫画博物館の裏あたりから声が聞こえてきました。けやきガーデンと呼ばれるところで、町内のお花屋さんによるせりがにぎやかに行われていました。

何でも例年行っているそうですが、驚いたのは76歳になる石井さんというお花屋さんの先代がねじり鉢巻に上半身裸で台の上に乗って、カーネーションやブーゲンビリア胡蝶蘭など一面花の鉢で一杯の季節の花々の競り市が始まりました。

「いくらいくらいくら・・」と、500円から始まるのです。100円づつ上がり1,000円で落札されたりして。通常のカーネーションは3,000円くらいなので、めちゃくちゃ安くてびっくりです。しかも宮城県の友人からやりいかが送られてきたと花を競ったら、お土産にやりいかがつくというサービス。

昔はこうして売り手と買い手が声を掛け合って商売をしていたことを、大切に想い花の競り市が行われたそうですが、ただ売っているだけじゃなくて、そこには情があって、サー
ビスしておまけしてくれたり、買うほうもその心意気を組んでまた奮発して買ってくれたりそんなやり取りがあったのかな・・



その後、盆栽美術館へ足を延ばしました。ここから歩いて10分くらいです。

つくづく盆栽って、美術品だなって感じましたね。この盆栽美術館建物は黄土色の日本家屋です。中に入るとぼんさいの見方がわかりやすく説明されています。

特によかったのは中庭にある盆栽の数々です。40点ほどあるそうです。ここでおすすめはと学芸員に聞くと「千代の松」と「日暮し」だそうです。二つとも五葉松です。高いでしょうね。

盆栽の乗っている石がすごい。2m四方の石の上に大きな横に丸く長い鉢、そこに着物の柄や浮世絵に出てきそうな、いくつかの組になって丸くカットされた五葉松が・・

しかも新芽が出てきれい。それに松のまるで針のようなとげがみな上に向いている。それはそれはまるで芸術品本当に素晴らしいです。まるで迎賓館や日本を象徴する特別な行事などの場所にふさわしい盆栽で、ちょっと言葉を失ってしまいました。

「日暮し」は幹が上下にくねっと曲がって上と下にあり、しかも白っぽい幹です。そこに見事なグリーンの手入れされた細かく密集した松の葉が上下にありなんとも美しいです。またこれも五葉松ですが幹が渦潮のように輪を描いている五葉松も信じられないまさに芸術です。

車椅子で息子さん風の方につれてきてもらっているおじいちゃん、盆栽好きなのでしょう。これはすごいと盆栽を眺めてはうれしそうでした。



そしてしばらく観賞し、今度は2階へいきました。ここはカフェがあり外へ出てベランダで団子や回転焼きを食べさせてくれるのです。私はヨモギの回転焼きと珈琲を飲みながら、階下に見える盆栽を眺めていました。
 
例年ですとお祭りは海外からの盆栽愛好家が多いそうですが、やはり震災の影響でめっきり。外国のお客さんの姿なかったと、地元の方がた嘆いていました。

また元のように早く海外の愛好家に盆栽を見に来て欲しいなぁ。


◇リンク◇

大盆栽まつり

千花有黄ブログ「つれづれ...散歩道」: 盆栽村

ラジオの一覧ページへ戻る