本当に連日の寒さに体調不良を訴える、知人多く、またインフルエンザB型も流行っているとのこと、皆さんお元気でお過ごしください。さて、先日大寒に産まれた卵をいただきました。「大寒の卵」、昔から縁起がいいといわれているそうです。

今年の大寒は1月20日ですが、立春前の節分の2月3日までが、暦の上でも一番寒い時期ですね。この時期に産まれた卵って滋養に富み、黄身も鮮やか味も濃厚で本当においしいです。そういえば実家から自転車40分のところに養鶏場があり、中学卒業し、春休みに卵拾いのアルバイトをしたことがありましたが、きつかったな~鶏も働く人も寒い時期はごくろうさまと、頭が下がります。

でも産み立ては本当にうまい!

そして卵にも旬があるのですね!

 

皆さんも、寒卵、ちょっと気にしてみてはいかがですか?

ちなみに埼玉県の養鶏場で買った卵だそうです。冷蔵庫に卵がいっぱいだとうれしいし、殻が固いし、一か月は持つらしいです。

栄養価の高いものを取りつつバラスンス良い食事、睡眠、運動・・そしていい声が出るようにコツコツです。頑張ります。

寒卵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です