朝の散歩

体に関する情報が過多なのはいろんなケースがあるからだろうと思うがすべて当てはまらないと思った。 例えば水、水を毎日二リットルとるとよいなどと、美容関係の本によくある、しかしとりすぎると水毒になるという。確かにそうだ。そこ…

夏の大祓

半年の間に犯した罪を清めようとする神社の行事。昔は鳥居はなくてこんな萱の輪だったらしい。 これから散歩方々お爺さん、お婆さんじゃないが風習として朝お参りしようかなと思う。 感謝を表すのは場所へ足を運ぶこともいいことだね。…

スタイル

千花有黄になって3年が過ぎた。【千花】って『こんな歌手』と自覚できるまでもう少し。今までの私にいったん白くペンキを塗って再出発したが、ペンキはまた下から色がでてくる。厚みにはなるけどもうまっさらには戻れない 。時間が必要…

茨城の海や、地場産業で生活する人びとをかいまみて思う、魚を毎日みて商売すれば魚に詳しくなり、包丁のさばきも見方もプロになる。遠くに釣り人が一人で海と格闘していた。釣りだって海や空、風や匂いで状況がわかってくる。それしかな…

日が昇る

日がのぼる頃からがもっともエネルギーが放出されてるらしい。明け方からずっと海辺へいた。『私に勇気と力を与えてください』などと願ったり、瞑想したりまるで昔の人と同じで弱いものだ。しかし自然に向き合う生活は現代では難しいかも…